ためこみ症とセルフネグレクト-ゴミ問題に関連して-【滋賀民医連】

  • [地域]

    全域 北海道 東北 関東・甲信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州・沖縄 その他
  • [日程]

    2020年10月22日
  • [場所]

    滋賀民医連医学生センター+ZOOM

  • [主催]

    滋賀民医連医学生センター

  • [連絡先]

    ms-shiga@shigamin.jp

  • [ジャンル]

  • [対象]

    医学生

 

滋賀民医連医学生センターZOOM学習会

 

ためこみ症とセルフネグレクトゴミ問題に関連して-

 

講師 磯野理先生 京都民医連あすかい病院・神経内科医(滋賀医大卒)

 

開催日:10月22日(木)

18時~ センターでの食事提供

19時~ ZOOMを使って、学習会開始

(オンサイトとオンライン両方で同時開催です)

 

ためこみ症 (Hoarding disorder:HD) は2013年DSM-5改訂により独立した精神疾患として新たに確立されました。

その中核症状は、所有物を捨てることが困難な状態が持続し、生活空間が物で占有され乱雑な状態 (所謂「ゴミ屋敷」) に陥り、深刻な生活機能障害をきたすことにあります。とりわけ高齢者は併存疾患や認知機能低下を伴いやすく、転倒・骨折、

火災、衛生的問題などの健康リスクが大きいです。在宅医療では訪問が目的であるがために、偶然ためこみ症の家庭に遭遇し、その対応に苦慮することが稀ではありません。磯野先生から、事例を通して、ため込み症とセルフネグレクトについて考えます。

 

お問い合わせ先

滋賀民医連医学生センター

大津市一里山1-9-15 エミール瀬田201号室

TEL:077-543-5224

mail:ms-shiga@shigamin.jp

ご参加申し込まれた方に、ZOOMのミーティングIDとパスワードお送りします。

 

 

 

 

イベントカレンダーへ