下越病院

都道府県

新潟県

運営団体名

医療法人 新潟勤労者医療協会

名称

下越病院

病院長

五十嵐 修

所在地

〒 956-0814 新潟県新潟市秋葉区東金沢1459番地1

TEL

0250-22-4711

FAX 0250-24-4740

URL

http://niigata-min.or.jp/kaetsu/

主な施設基準

医療法第7条第1項による開設許可(承認)、健康保険法による保険医療機関、国民健康保険法による保険医療機関、生活保護法による医療機関、結核予防法による医療機関、原爆医療法、母子保健法、身体障害者福祉法(更生医療)、特定疾患医療の指定 、消防法による救急医療、労働者災害補償保険法による医療機関、災害拠点病院、臨床研修指定病院

病院の特徴

2012年5月に移転・リニューアルを行いました。
免震構造の採用や敷地内にヘリポートを設置し、災害拠点病院としての役割を十分に果すことができます。
新潟県ドクターヘリ事業の派遣病院として指定される予定です。

個室料金(差額ベッド代)をいただきません
わたしたちの病院は個室料金(差額ベッド代)をいただいておりません 。わたしたちは「いつでもどこでもだれもが安心して良い医療と福祉を受けられるために」を合言葉に、患者さんのお金のある・なしに関わらず、必要な方に必 要な治療や看護を受けていただきたいと考えています。

地域医療/地域保健活動
地域の人々が「安心してかかれる病院がほしい」という思いに支えられ医療活動を展開しています。この様な医療活動が可能なのも地域の人々の支えがあるから です。そのために地域の人々とともに協力し、健康相談会など地域での医療活動に取り組んでいます。地域健康相談会とは、地域住民の要望にお応えして、健 康・生活・予防などの相談に答える場です。研修医も講師として、病気の話、健康チェック、健康応対など地域の皆さんとの交流を図っています。

二次救急
当院は新潟市秋葉区を中心に五泉市、阿賀野市、阿賀町などから救急の受け入れを行っています。この地域は高齢化率が高く、医療に対するニーズも高くなっています。その中で地域の中核病院として第1次および第2次救急を担っています。

災害医療/災害拠点病院・DMAT
新潟県内に15か所ある災害拠点病院の一つとして指定され、災害派遣医療チーム(DMAT)を現在1チーム保有しています。定期的に救急隊との合同演習もしており、先の東日本大震災や中越沖地震の際も地震後24時間以内に出動しました。

病床数

261 床

施設・学会認定

日本内科学会教育関連病院、日本神経学会認定准教育施設、日本整形外科学会認定研修施設、日本脳卒中学会研修教育病院、アレルギー学会認定教育施設、日本消化器学会関連施設、日本小児科学会教育関連施設、日本外科学会専門医制度関連施

診療項目

内科、循環器科、消化器科、呼吸器科、神経内科、外科、整形外科、小児科、婦人科、泌尿器科、皮膚科、リハビリテーション科、リウマチ科、麻酔科、放射線科

取得可能資格
専門医・認定医

日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、リハビリテーション医学会専門医、日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本外科学会専門医