「医師の健康を害する要因」(佐藤英仁さん、『月間国民医療』№318、2014年7月1日)

  • [ジャンル]

    ニュース
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

『月間国民医療』№318に、あ東北福祉大学専任講師の佐藤英仁さんによる「医師の健康を害する要因」が掲載されています!

佐藤さんによる研究は、「勤務医労働実態調査2012」のミクロデータをもとに、統計的手法を用いて、医師の健康を害する要因を明らかにしようというもの。

健康因子として、年齢、性別、既婚かどうか、宿直の影響、労働時間の影響、時間外労働の影響、休憩の影響、休暇の影響、ストレスの影響を説明変数としてあげ、説明変数間の相関が高い場合を排除した4モデルを仮定して回帰分析をおこなっている。

結果は、意外なことに?、既婚、宿直回数、時間外労働、休暇などについては有意ではなく、年齢、労働時間、休憩、ストレスについて有意な結果を得た。

『月間国民医療』が手に入らない方は、イコリスに相談してください。

ニュース一覧情報へ