「Yang先生の臨床教育セミナー」開催!

  • [ジャンル]

    ニュース
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

7月25日~27日「Yang先生の臨床教育セミナー」開催!

さる2012年7月25日~27日に合同研修医レクチャーとして、「Yang先生の臨床教育セミナー」を開催しました。(主催:民医連 関東甲信越医師臨床研修センター)

講師には、米・スタンフォード大学で臨床・研究・教育に携わっておられる Phillip Chung-Ming Yang先生をお招きしました。内容は教育回診のスタイルで、7/25 大田病院、7/26 みさと健和病院、7/27 立川相互病院の3会場・計115人(うち初期研修医45人)が参加されました。

<1日目・大田病院>

終始アットホームな雰囲気の中で行われ、参加者からの発言も積極的で議論も盛り上がりました。

(感想)

「循環器病に対するEBMのあり方、実際の臨床についてコメントいただき、循環器の醍醐味が感じられました」

「身体所見がとても細かくて勉強になりました」

「ディスカッションも白熱して、非常に楽しく勉強になりました。自分も英語をもっと上達させようと思いました」<2日目・みさと健和病院>

学会発表に近いスタンダードスタイルで、プレゼンターが症例を英語で発表してくれました(スライドは日英の2種類)。

広めの会場でしたが、指導医が議論をリードしてくれました。

(感想)

「とても専門的でハイレベルな講義をしていただけた。いろいろな意見が出て、多角的な視野を学んだ」

「講師とのdiscussion、積極的な発言を求めるlecture、とてもよかったと思います。知らないことをたくさん学べる良い機会でした」

「胸痛の鑑別診断から、対応、処置、エビデンスについて勉強になりました」

<3日目・立川相互病院>

参加者をグループ分けしてディスカッションできるよう工夫。Yang先生の専門外の分野は立川相互病院の指導医がサポート、協力して症例を深めていただきました。米国の医療・教育制度についてもレクチャーしていただきました。

(感想)

「自分では気づかない鑑別が出たり、どの様な考え方で診断を進めるかを話し合えて楽しかったです」

「症状や検査、DDXなど勉強になりました。VINDICATE!!!Pは意識していきたいと思いました」



Yang先生、開催にご尽力いただいた各病院の皆様、ありがとうございました。来年もバージョンアップして開催したいと思います。

(民医連 関東甲信越医師臨床研修センター 事務局)

ニュース一覧情報へ