健輪会 オススメ本『上級医がやっている 危ない心電図の見分け方』

  • [ジャンル]

    ニュース
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医

健和会大手町病院の副院長・築島直紀医師が本を出版しました。
『上級医がやっている危ない心電図の見分け方』日本医事新報社、2015年 ¥5,616-

【全130症例を収録した実践的な内容】
すぐに循環器科をコールすべきか? しばらく様子を見ても大丈夫か?

■胸痛/動悸の患者さんが来たら、まずは緊急性の有無を判断しなければなりません。心電図のどこを見て、どう動けばよいのか。上級医の思考過程を解説します。
■Q&A形式で130症例を提示。検査データや画像所見とともに、心電図を読んでいきます。治療経過やピットフォールまで、実際の症例をありのままに記載しました。
■スマホでつながる! 紙面のQRコードから心エコー・心カテ動画にアクセスできます。
どうぞお買い求めください。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8A%E7%B4%9A%E5%8C%BB%E3%81%8C%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E5%8D%B1%E3%81%AA%E3%81%84%E5%BF%83%E9%9B%BB%E5%9B%B3%E3%81%AE%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9-%E7%AF%89%E5%B3%B6-%E7%9B%B4%E7%B4%80/dp/4784944605

 

ニュース一覧情報へ