福岡|医療と法律どう関わるの?~医療訴訟学習会を開催しました~

  • [ジャンル]

  • [対象]

IMG_2599

 

6月18日(木)に九大医系学生サポートセンターでは、医学生ミーティングで医療訴訟の学習会を行い、4名の学生が参加しました。前回のミーティングで学生から「医療訴訟」について学びたいと要望が出され具体化したものです。講師に、患者の権利オンブズマン理事で、はかた法律事務所の前田牧弁護士をお呼びしました。

 

医療訴訟について学ぶのは初めてでしたが、前田弁護士の説明は大変わかりやすく、頷きながら聞いていました。講義の中では、実際に前田弁護士が担当された事例をもとに「この事例をどう考えますか?」と問いかけがありました。学生の考えでは十分に手を尽くしたと思えたケースですが、病院側が損害賠償を請求されたという結果を聞いて学生達は驚いていました。しかし、前田弁護士から「皆さんに伝えたいのは患者さんのことを考えて、しっかり医療行為にあたれば訴えられることはない。だから自信をもってください。」と言葉を頂き、学生も「患者さんと信頼関係を作ることが大切だ」と感じたようです。

 

最後に、以前病院での勤務経験があり、現在は弁護士として民医連や多くの病院と関わっている前田弁護士より「弁護士として働いていると患者の権利という言葉すら感じられないような病院もあるが、民医連は患者の権利をしっかりと守ろうとしていることがよく分かる。皆さんも頑張ってください」というメッセージが送られました。

 

ニュース一覧情報へ