川崎協同病院の和田浄史医師が、『終末期チームケアアプローチ―患者の「いきがい」ケアの「やりがい」を両立させる』(日総研出版 )を出版しました

  • [ジャンル]

    ニュース
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

川崎協同病院の和田浄史医師が、『終末期チームケアアプローチ―患者の「いきがい」ケアの「やりがい」を両立させる』(日総研出版 )を出版しました。和田医師には、医学生のつどいの講師などでいつもお世話になっており、先生のプレゼンは何度聴いても楽しくて感謝しております。

 

*下の画像をクリックするとアマゾンの関連ページに移動します

27160400_1

ニュース一覧情報へ