北海道民医連「整形外科専門研修について」

  • [ジャンル]

  • [対象]

    初期研修医 後期研修医 医師

皆様、大変お疲れさまです。

整形外科専門医研修についてのご提案・お願いです。

 

 ご存じの通り、2018年度からいよいよ新専門医制度が開始されます。従来は日整会研修施設であれば専門医研修が可能であったものが、大学を中心としたプログラムに入らなければ専門医を取得できなくなります。大学に準じた基幹施設となれば独自のプログラムを組むことが可能ですが、基幹施設の条件をクリアできるのは民医連内では現時点で福岡健和会病院のみです。

 北海道民医連も残念ながら基幹施設の要件を満たすことができず、北海道大学および札幌医科大学の関連研修施設となりました。ただし、北海道民医連と大学とは良好な関係を築けており、プログラムの内容も当方の要望を十分に考慮されたものとなっています。具体的には研修期間4年間(実質3年9か月)のうち、1年間を大学およびその関連施設で、残りの約3年間を北海道民医連の院所で研修するプログラムです。このプログラムであれば、北海道民医連を基幹施設とするプログラムにほぼ相当する研修が可能となります。民医連医療に共感する若手医師・研修医の方々が、民医連に所属したまま十分な専門医研修を受けることが可能です。当方としても全国からの若手医師を受け入れることができれば、より一層医療活動を活性化できるものと期待しています。

 各県連の状況はそれぞれの事情や困難を抱えていると思いますが、全日本レベルの視野に立って整形外科専門医を育てるためにも、北海道での研修をご検討いただければ幸甚です。

 

 

2017年6月1日  

北海道民医連整形外科医師部会長  柴田 定

 

 

お問い合わせ先

北海道民医連医師医学生部 高崎

℡:011-758-5344

mail:t-takasaki@dominiren.gr.jp

ニュース一覧情報へ