日医理事会速報より|総合診療専門医に懸念を表明 ─日本専門医機構社員総会─ (報告・横倉会長)

  • [ジャンル]

    医師研修・医学教育の動向
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

日医理事会速報は、日本専門医機構社員総会において、総合診療専門医に日医として懸念を表明したことを報じています。理事会への報告は横倉会長がおこなったようです。

この報告からは、専門医機構について、事業計画や予算も示されないまま開催され、けっきょく継続となったことなど、組織運営についての批判が集まっていることを読み取ることができます。

以下日医理事会速報を引用・紹介します。

総合診療専門医に懸念を表明
─日本専門医機構社員総会─
(報告・横倉会長)
 日本専門医機構社員総会が十一月十七日,都内で開催された.
 議事次第は,(一)報告((1)事業報告(2)厚生労働省「難病指定医」),(二)協議((1)役員(監事)の交代(2)社員の入会金・年会費),(三)その他─についてであった.
 本専門医機構は五月に設立され半年が経過したが,組織の運営上,バランスや配慮を欠いている面があるとして,当日は,社員から厳しい意見が出された.
 各学会から特に要望があったのは,現在は,その領域の代表者である個人が社員となっているので,社員を基本領域の学会そのものに変更して欲しいということであった.
 また,本機構の理事会と各学会が意思疎通を密にして欲しいということについても多くの意見が出された.
 当日の社員総会についても,事業計画や予算が示されずに開催されたことに対して複数の社員から意見が示され,結局,社員総会は閉会せずに,一カ月後を目途として再開するということで意見が一致した.
 総合診療専門医については,医師会として最も注視している点であるが,「かかりつけ医との関係性が明確でないので,このまま育成を進めれば地域医療に大きな混乱が生じかねない」と発言した.
 (二)の(1)では,門田守人がん研究会有明病院長の監事からの退任と今村副会長の監事への就任について了承された.(二)の(2)については,継続審議となった.
http://www.med.or.jp/nichinews/n261220c.html

医師研修・医学教育の動向一覧へ