日本救急医学会|【専門医通信】2号を発行 プログラム整備基準案は10月下旬に公表 11月初旬には機構と個別面談

  • [ジャンル]

    医師研修・医学教育の動向
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

日本救急医学会は、専門医通信2号を発信しています。

2号では、救急科領域専門研修の「プログラム整備基準」案に関する機構による個別面談が11月5日に予定されていること、ここにむけて10月22日に開催される救急医学会の指導医・専門医制度委員会で原案が承認されれば、23日には社員(評議員)にむけて内容がカイジされる予定とのことです。

日本救急医学会の準備どうように、10月下旬から11月初旬にかけて学会のプログラム整備基準が一斉に明らかになってくると思われます。

医師研修・医学教育の動向一覧へ