日本救急医学会|【専門医通信】4号(日本救急医学会)を会員宛に送付しています

  • [ジャンル]

    医師研修・医学教育の動向
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

日本救急医学会は、 【専門医通信】4号(日本救急医学会)を会員あてに配信しています。

既に会員向けにに公表されている「救急科領域専門研修プログラム整備基準(素案v1.11)」(【専門医通信3号】に添付されている資料)にもとづき、機構との話し合いが11月5日にもたれたこと、機構との大きな齟齬はなかったことが報告されています。

また、施設群により、現在500弱ある研修指定施設が理屈の上では維持可能なことなどが述べられています。

今後のスケジュールとして、2月21日から22日にかけて、救急科専門医に関する説明会を開催、各施設の研修PGの作成要領の説明や研修施設軍の構成を実際に体験できるような実践的なWSを開催するとされています。

医師研修・医学教育の動向一覧へ