韓国のウェッブサイト민중의소리(民衆の声)のこの冬おすすめの33冊にの4番めに『無差別平等の医療をめざして(民医連50年の歴史)』の韓国語版が推薦されています

  • [ジャンル]

    ニュース
  • [対象]

    医学生 初期研修医 後期研修医 医師

韓国の民衆の声というサイト。

この冬にあったまるおすすめの本33冊を紹介しますということのようですが、なんと『無差別平等の医療をめざして(民医連50年の歴史)』の韓国語版が4番目に紹介されています

ナント!

\(◎o◎)/!

http://www.vop.co.kr/A00000818261.html

4.差別のない平等な医療を目指して

全日本民主医療機関連合会50年の歴史

<差別のない平等な医療を目指して>は、全日本民主医療機関連合会50年の歴史を詳細に紹介する。ミンウイリョンの歴史は、国民の健康を守り、健康な社会を作るために献身てみた日本の民主的医療運動そのものだった。

ミンウイリョンは2010年基準で、日本全域に渡って147カ所の病院と525の診療所、322つの訪問看護ステーションなどが所属しており、約7万人の従業員が働いている。

ミンウイリョン所属医療機関は、公共のオペレーティングという方針のもと、個人所有の病院や診療所登録は原則的に禁止し、医師をはじめとする全従業員が参加する民主的運営を目指す。また、各医療機関には、「共同組織」と呼ばれる住民組織があり、健康のための活動を一緒にして、病院の活動に協力することもある。

この本は、ミンウイリョンの前進社会と無産者医療運動、民主診療所の設立と初期のミンウイリョン、着実な前進と飛躍の時代、逆風に抵抗して組織強化を推進した時代、ミンウイリョン運動の現状と新たな前進を目指してなどで構成されている。

差別のない平等な医療を目指して

ニュース一覧情報へ