高松平和病院5月度CPCの報告

  • [ジャンル]

  • [対象]

    医学生 初期研修医

5月18日に5月度の高松平和病院CPC(臨床病理検討会)がありました。

「混合性肺炎」について学びました。

80代男性、腰椎圧迫骨折で入院中に発症した肺炎(ARDS)。機械換気や抗生剤、ステロイドなど投与するも改善なく、呼吸不全、腎不全で死亡した。

剖検所見では、両側肺に広範に拡がる混合型肺炎ではあったが、一般的な起因菌とされるグラム桿菌は培養されなかった。

A-297-0023

A-297 肺組織像

A-297 肺マクロ1  A-297 肺マクロ2

 

 

終末期では無尿となったが、急性尿細管障害の像であり、特異的な所見は得られなかった。


 

次回は、7月20日(水)19:00~です。

IMG_0998

高松平和病院CPCは医学生さんの参加をお待ちしています!参加希望の方は、メールまたは電話にてご連絡ください!

高松平和病院 医局 医学生担当:中田まで

Mail:heiwahp@gmail.com

tel:087-833-8113(代)

ニュース一覧情報へ