高松平和病院7月度CPCを開催しました。

  • [ジャンル]

  • [対象]

    初期研修医

5日前からの嘔吐・下痢・食欲不振を訴え、救急来院された88歳の患者さん。救急室で呼吸停止し、治療に反応せず、当日死亡された。

10年以上前に胃部分切除術がされており、吻合部肛門側の十二指腸に潰瘍・穿孔があり、これによる腹膜炎・敗血症性ショックで死亡した。 

「吻合部潰瘍」による穿孔例はまれ(0.1%以下)であるが、内視鏡にて潰瘍をモニターすることが重要と考えられた。

 

A-258

 

(赤印が胃-十二指腸の吻合線)


次回は、9月14日(水)19:00~です。IMG_0998高松平和病院CPCは医学生さんの参加をお待ちしています!参加希望の方は、メールまたは電話にてご連絡ください! 高松平和病院 医局 医学生担当:中田まで Mail:heiwahp@gmail.com tel:087-833-8113(代)

ニュース一覧情報へ