第1回 地域医療に必要とされる運動器診療セミナー

  • [ジャンル]

  • [対象]

    医学生 初期研修医

第1回 地域医療に必要とされる運動器診療セミナー(PDF)

 

日時:11月13日(金)13:00~/11月14日(土)12:30
会場:京都民医連中央病院(京都市右京区太秦土本町2番1)
定員:20名
参加費:夕食交流会費込み15,000円
対象:
総合診療・内科・救急科・整形外科志望の初期研修医・TY研修医
総合診療専門研修プログラム専攻医
整形外科専門研修プログラム専攻医(1~2年目)

 


 

第1回民医連運動器診療セミナーのご案内
実行委員長上原昌義
日々、地域医療介護を守る様々な活動に携わり奮闘される民医連医師の皆様に心より敬意を評します。
さて、現在政府は新型コロナウイルス感染症の拡大する中で、国民から大きな批判を受けていますが、医療費適正化政策の柱として地域医療構想や医師・診療科の偏在解消を医師の働き方改革と絡めて今後も強引に押し進めることが想定されています。
社会格差と貧困の拡大、超高齢社会の到来の中、無差別平等の医療と福祉を実現させるために、私たち民医連は総合的力量を兼ね備えた医師の育成が急務であり、日常診療で遭遇する頻度の高い運動器疾患にも対応が出来る医師養成プログラムを提示する必要があります。
整形外科は全年齢層の運動器に関わる疾病や外傷を対象とし、診断、検査、さらに保存治療から手術・リハビリテーションを行う診療科です。さらに民医連は一緒に地域を健康にしていくパートナーである共同組織の存在、多職種連携のための強力な他職種の存在など、一層魅力的なプログラムを提示できる土壌があります。
今回民医連整形外科診療委員会は、全国の整形外科に興味を持つ研修医や運動器にも関心が高い総合診療医を対象に「第一回民医連運動器セミナー」を2020年11月13日(金)〜14日(土)、京都民医連中央病院にて開催することになりました。
好評であれば、全国各地協で行えるよう企画も検討します。ぜひ積極的な参加をよろしくお願いします。

 

ニュース一覧情報へ