メディウイングのTwitterがはじまりました。


2016_SpringSpecial

【2016 SPRING 特別号】

 憲法はそもそも国民の義務をさだめたものではない。国民が権力者による恣意的な政治を禁じ、その手をしばるためのものだ。昨年秋、多くの学者が戦争法の違憲性を指摘した。空前の規模の人々が国会前を埋めつくした。  国会を取り巻いたSEALDsの学生たちは、「民主主義ってなんだ!」「これだ!」と叫んだが、その声は安倍さんには届かなかった。この国の民主主義は危機に瀕している。法律が成立した今、民主主義を取り戻すFirst Actionは、戦争法を廃止することだ。

▶ Medi-Wingを読む



































































  特集一覧

【1号】
ぼくたちにもできることがあった!!
【2号】
「医」が悪魔に変わるとき!!
【3号】
死ぬことと殺されることとは別なんです!!
【4号】
君はどんな医師になりたいか!?
【5号】
いま、社会保障があぶない!!
【6号】
見て、疑って、学べ!
【7号】
今こそ医療について熱く語ろう!
【8号】
きみは今、輝いているか
【9号】
医学を学びはじめる君たちへ
【10号】
医師人生のスタート 卒後研修を問う
【11号】
見えたよ介護問題
【12号】
21世紀、何を学びどう生きるか
【13号】
Think globally. Actlocally.
【14号】
人々の幸福作りに役立つ医師に
【15号】
いま求められている医師の社会的使命とは
【16号】
何を学び、どう生きるか。
【増刊】
人々の幸福作りに役立つ医師に
【17号】
学びを自分たちのものにしよう!
【18号】
学びの現実とそこにある可能性
【19号】
壁を貫く意志を持て
【20号】
研修医奮闘記
【21号】
医療の安全
【22号】
坂道の街から
【23号】
地域にかける医療
【24号】
構造改革を斬る!
【25号】
いま、言葉にしよう!
【26号】
We Need Peace
【27号】
「病人」になれない国、日本
【28号】
癒す心を忘れないで
【29号】
誇るべきは平和憲法
【30号】
今から私たちができること
【31号】
真実を見極める確かな目を持って
【32号】
医者として生きる
【33号】
日本医療の“光"と“翳り"
【34号】
必要とされる場所で必要に応えられる医師に
【35号】
医療は、権利か?サービスか??
【36号】
ひとりひとりを大切にするもの
【37号】
プロフェッショナルを育てる
【38号】
医師不足が もたらす危機
【39号】
生命の記憶を託されて
【40号】
知力を磨け!
【41号】
“やむを得ない"では終わらない!
【42号】
見えないものを視る
【43号】
視点を外に向けて
【44号】
キューバ医療
【45号】
学ぶ幸せをつかみとろう
【46号】
常に民衆のために
【47号】
子どもたちを社会で育てよう
【48号】
研究のこと平和のこと
【49号】
医師の使命
【50号】
「ノー」と言い続けることが力になる
【51号】
生活に根ざした復興
【52号】
みて 感じて 動く
【53号】
働き盛りのうつ病
【54号】
自分たちの手で未来を拓く
【55号】
どうなる日本社会
【56号】
メディアを見る目
【57号】
『憲法を、説く』
【58号】
医師を目指すあなたに知ってほしいこと
【59号】
地域包括ケア時代に求められる医師
【60号】
医師と医学生が本気で議論する戦争と平和
【61号】
医師になる前に知ってほしい、日本の医療の現状
【62号】
戦後70年 戦争体験から学ぶ”二度と戦争は起こさない”ために…
【63号】
変わりゆく医師研修制度 ―新専門医制度における医師研修のあり方とは
【64号】
医学を学ぶ学生に知ってほしいこと 医師の「科学」を考える
【特別号】
戦争法の廃止を求める2000万人署名医系学生 特別号
【65号】
憲法と平和とこれから