第39回 民医連の医療と研修を考える医学生のつどい

今年度は年間テーマ、年間獲得目標を設定し、9月つどいでは「子どもの貧困」、12月つどいでは「障害」を通し、学習を深めてきました。
「すべてのいのちが大切にされる社会とは、どのような社会だろう?」
「そんな社会はどうやったら実現するのだろう?」
それぞれのつどいに参加した医学生、医師、コメディカル職員みんなでこの問いを1年間、考え続けてきました。

2019年3月21日(木祝)~23日(土)には集大成となる「3月つどい」が開催されます。
参加できる人もできない人も、ぜひ今一度、39つどいを振り返ってみてください!

年間テーマ

「すべてのいのちが大切にされる社会」

年間獲得目標

  • ①民医連の理念・実践から、社会と医療をつなぐ大切さを理解しよう
  • ②互いに刺激しあい、ともに良い医療を実践していく仲間を作ろう
  • ③今自分に何ができるか、また将来医師として何ができるか考えよう
  • ④すべてのいのちが大切にされる社会をつくる担い手になろう

事務局通信を読む

事務局通信とは、毎月開催される「つどい事務局会議」の様子をお伝えする広報誌です。
事務局会議では、医学生や医師、事務職員が一緒になり、つどいが医学生にとってより良い学びの場となるよう、学習、議論、準備を進めています。

つどいWalkerを読む

つどいWalkerとは、9月、12月、3月に開催される「各月つどい」の様子をお伝えする広報誌です。各月のつどいではそれぞれテーマを設定し、年間テーマ・年間獲得目標の達成に向けて、学びを深めています。