戦争法の廃止を求める2000万人署名 医系学生特別号 2016 SPRING

医系学生が発信する
戦争No! 平和・民主主義Yes!
戦争法廃止 2000万人署名やってます はと

「民主主義ってなんだ」 「これだ!」(SEALDs)

憲法はそもそも国民の義務をさだめたものではない。国民が権力者による恣意的な政治を禁じ、その手をしばるためのものだ。昨年秋、多くの学者が戦争法の違憲性を指摘した。空前の規模の人々が国会前を埋めつくした。

国会を取り巻いたSEALDsの学生たちは、「民主主義ってなんだ!」「これだ!」と叫んだが、その声は安倍さんには届かなかった。この国の民主主義は危機に瀕している。法律が成立した今、民主主義を取り戻すFirst Actionは、戦争法を廃止することだ。

「覚えておくといい、理想主義者とは人類の進歩における現実主義者なのだ」(マイケル・マーモット世界医師会会長が紹介した言葉)

「憲法9条まもれとか社会を変えようとかって、結局理想主義じゃない?」「デモや署名で社会は変わらない」と思う人も多いと思う。そうした人は、世界医師会のマイケル・マーモット氏が会長就任の挨拶のなかで紹介しているこの言葉(注*)を噛みしめてみてほしい。

慶應大学の小熊英二さんは『社会を変えるには』(講談社現代新書)の中で、社会を変えるには、「自分が変わること。自分が動くこと。他人とともに社会を作ること」と語っている。

「私たちが、究極的に守りたいものは天から与えられためいめいの命です」(日野原重明医師)

戦争法は、日本という国が、海外で一人も殺したことのない国から、戦争をする国へと変わっていくことだ。今年105歳になる日野原重明医師(聖路加国際病院)は、戦争法案の成立を前にした昨年7月、法案に反対する医療関係者のつどいに次のようなメッセージを寄せた。「人のいのちの重要性は、医師が一番よく知っています。医師こそ平和の最前線に立って、行動すべきと私は考えています」と。医学・医療を学ぶ私たちだからこそ「医師・医療者の使命」を考え、自分自身の、主権者としてのActionに踏み出すことが必要ではないか。

(注*)健康の社会的決定要因(Social determinants of health: The solid facts)などを提唱してきたマイケル・マーモット氏が世界医師会会長に就任した際の演説はこちらのPDFで日本語訳を読むことができます。健康の社会的決定要因など、命の格差をなくす医師の使命にもふれています。

医学生・看護学生からのメッセージ

千葉大学医学部医学科6年 小林哲之さん

千葉大学医学部医学科6年
小林哲之さん

~医療者の信念と正義に従って~

僕が大学1年生の時、大震災が起きました。ボランティア活動を通じて、暮らしや仕事が健康に与える影響を学びました。行政や社会に働きかける事も、大きく見れば医療者の使命の一つであると感じ、その頃から様々な社会問題を医療者の視点から考えるようになりました。

「自衛隊員」という職業は健康にいいのだろうか?ふとそう思ったのがきっかけで、戦争や安全保障について医療者として言えることはないか考えるようになりました。彼らは命令を拒否できません。それが死のリスクを伴う戦闘行為であってもです。この職業の健康を守るためには、他の誰かが政治に訴えなければならないのです。

僕は安全保障の専門家ではありません。しかし安保法制は専門家も厳しく批判する内容であり、与党の独善的判断で可決されたことは明らかです(強行採決の瞬間がYoutubeに上がっていますのでご覧ください)。僕は医療者の信念と正義に従って、堂々と発言しようと思います。皆さんも一緒に声をあげませんか。

看護学生ミーティングでの学びから

~「戦争法廃止」を真剣に考える機会に~

山梨看護学生ミーティング

看護学生の集まりで“戦争と平和を学ぶ”をテーマに憲法の学習と、昨年夏にNHKで放映された「戦後70年記念番組」に投稿し取材を受けた方からの戦争体験をお聴きました。 学生たちは衝撃を受け以下のような感想が出されました。

  • ○今の生活に感謝をしなくてはいけない。この先、二度と戦争を起こさないために、社会情勢を知り自分の考え・意見を持つことが必要であると感じた。
  • ○戦争は何が何でもしてはいけないということがわかった。話を聞き実際起きたことを想像してみると言葉が出なかった。
  • ○取材で初めて語ったことを聞いて(70年間家族にも話せなかった)、戦争の辛い思いは戦争中だけではなく一生続くものなのだと思うと心が痛かった。
看護学生ミーティング

今年から選挙権を持つことになる学生が社会の事実を知り「戦争法案廃止」に向けて真剣に考えました。

一緒に考えよう、医療と平和・民主主義

●Medi-Wing 63号 民主主義ってなんだ??DISCUSSION-Medical Student with SEALDs

特定秘密保護法、集団的自衛権…。戦争を放棄した日本国憲法の原典が空洞化し、日本が再び戦争へすすむ様相を呈する今日。戦争・平和だけでなく、貧困・雇用など多くの社会問題を真剣に考え、行動するSEALDsと医学生が自分たちが主体者として社会にどう向き合えるか??ざっくばらんに交流しました。

●Medi-Wing 49号 医師の使命日野原重明さんインタビュー

戦争法に対しても、痛烈に批判し、「医師こそ平和の最前線に立って、行動すべき」と主張された日野原重明さんへのインタビュー。憲法を守る運動に医学生として参与することを強く求めておられます。

●9条の会・医療者の会

9条の会の呼びかけに賛同する医療者の会はHPを運営しています。メッセージなどを発信することも可能。FBページやツイッターもあります。
*ネット署名もあります。Change.orgでのネット署名は、制度上、総理大臣あてのみ有効となりますので両院議長への請願署名をご希望の方は自筆での署名をお願いします。  ネット署名はこちら

  特集一覧

【1号】
ぼくたちにもできることがあった!!
【2号】
「医」が悪魔に変わるとき!!
【3号】
死ぬことと殺されることとは別なんです!!
【4号】
君はどんな医師になりたいか!?
【5号】
いま、社会保障があぶない!!
【6号】
見て、疑って、学べ!
【7号】
今こそ医療について熱く語ろう!
【8号】
きみは今、輝いているか
【9号】
医学を学びはじめる君たちへ
【10号】
医師人生のスタート 卒後研修を問う
【11号】
見えたよ介護問題
【12号】
21世紀、何を学びどう生きるか
【13号】
Think globally. Actlocally.
【14号】
人々の幸福作りに役立つ医師に
【15号】
いま求められている医師の社会的使命とは
【16号】
何を学び、どう生きるか。
【増刊】
人々の幸福作りに役立つ医師に
【17号】
学びを自分たちのものにしよう!
【18号】
学びの現実とそこにある可能性
【19号】
壁を貫く意志を持て
【20号】
研修医奮闘記
【21号】
医療の安全
【22号】
坂道の街から
【23号】
地域にかける医療
【24号】
構造改革を斬る!
【25号】
いま、言葉にしよう!
【26号】
We Need Peace
【27号】
「病人」になれない国、日本
【28号】
癒す心を忘れないで
【29号】
誇るべきは平和憲法
【30号】
今から私たちができること
【31号】
真実を見極める確かな目を持って
【32号】
医者として生きる
【33号】
日本医療の“光"と“翳り"
【34号】
必要とされる場所で必要に応えられる医師に
【35号】
医療は、権利か?サービスか??
【36号】
ひとりひとりを大切にするもの
【37号】
プロフェッショナルを育てる
【38号】
医師不足が もたらす危機
【39号】
生命の記憶を託されて
【40号】
知力を磨け!
【41号】
“やむを得ない"では終わらない!
【42号】
見えないものを視る
【43号】
視点を外に向けて
【44号】
キューバ医療
【45号】
学ぶ幸せをつかみとろう
【46号】
常に民衆のために
【47号】
子どもたちを社会で育てよう
【48号】
研究のこと平和のこと
【49号】
医師の使命
【50号】
「ノー」と言い続けることが力になる
【51号】
生活に根ざした復興
【52号】
みて 感じて 動く
【53号】
働き盛りのうつ病
【54号】
自分たちの手で未来を拓く
【55号】
どうなる日本社会
【56号】
メディアを見る目
【57号】
『憲法を、説く』
【58号】
医師を目指すあなたに知ってほしいこと
【59号】
地域包括ケア時代に求められる医師
【60号】
医師と医学生が本気で議論する戦争と平和
【61号】
医師になる前に知ってほしい、日本の医療の現状
【62号】
戦後70年 戦争体験から学ぶ”二度と戦争は起こさない”ために…
【63号】
変わりゆく医師研修制度 ―新専門医制度における医師研修のあり方とは
【64号】
医学を学ぶ学生に知ってほしいこと 医師の「科学」を考える
【特別号】
戦争法の廃止を求める2000万人署名医系学生 特別号
【65号】
憲法と平和とこれから
【66号】
笑って死ねる病院
【67号】
SDH研究の最前線ハーバード大学 イチロー・カワチ教授
【68号】
民医連の医療と研修を考える 医学生のつどいって何?
【69号】
あなたは、誰のため、何のため医師になるのか?
【70号】
治療だけでは救えないその人の生活
救急現場から見えるSDH