小規模クリニックの外来診療で出来る 社会的医療・入門

  • [地域]

    東海
  • [日程]

    2017/06/03~ 2017/06/03
  • [場所]

    学生センター(半田ビレッジ1-103)

  • [主催]

    静岡民医連 学生センター

  • [連絡先]

    gakusei@shizumin.com, 053-435-5932

  • [ジャンル]

  • [対象]

    医学生初期研修医

掲載日:2017年05月25日

健康の社会的決定要因(SDH Social determinants of health)という言葉を聞いたことあるでしょうか。人々の健康状態を規定する経済的、社会的条件だそうです(ん?!む、むずかしい・・・?)。

20世紀後半以来、人びとの健康や病気が、社会的、経済的、政治的、環境的な条件に影響を受けることが広く認められるようになりました。カナダ公衆衛生機関や世界保健機関(WHO)といったいくつかの保健機関は、健康の社会的決定要因が集団や個人の快適な暮らしに大きな影響をもたらすことを表明しております。

ようするに健康や病気は「自己責任」の側面だけでなく、人々をとりまく、社会や経済などの外部の環境によって影響を受けるという事だそうです。とかく日本では病気や健康を「自己責任」でとらえる傾向が強いと思われます。

学生センターではそのSDHについて症例検討学習会を行います。

講師は、先日NHKあさいち「医療を受けられない人をどう支えるか」(5月25日9時台)で登場したばかりの浜松佐藤町診療所の水谷民奈(みずたにみな)先生です。

 

▽日時:2017年6月3日(土曜日)10時~12時

▽場所:静岡民医連 学生センター(半田山5-5-3 半田ビレッジ1-103)

 

イベント一覧情報へ