【民医連外企画】医師の働き方を考える国会内集会(保団連主催)

  • [地域]

    全域 関東・甲信越
  • [日程]

    2018/03/15~
  • [場所]

    衆議院第2議員会館

  • [主催]

    保団連

  • [連絡先]

    チラシ参照のこと

  • [ジャンル]

    医師の働き方改革
  • [対象]

    医学生初期研修医後期研修医医師

保団連(全国保険医団体連合会)は、3月15日(木)の12:00-13:00にかけて、衆議院第2議員会館多目的会議室において医師の働き方を考える国会内集会を開催することを案内しています。

(*画像をクリックするとPDFがひらきます)

集会には、医師増員を一貫して訴えてこられた本田宏さん、勤務医実態調査をまとめた(民医連も実行委員会団体として共同して取り組みました)医師ユニオンの植山直人さんがスピーチされる予定です。

2月16日には、厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が開催され、「中間的な論点整理案」とともに「医師の労働時間短縮に向けた緊急的取組」が取りまとめられました。

政府・厚労省サイドの検討に対する批判の声も小さくないものの、労基署によるには「緊急的取組」への対応が今後迫られることになります。

法的対応等のチェックについては日本医師会勤務医部会が取りまとめた「勤務医の労務管理に関する分析・改善ツール」などが網羅的にチェック項目をあげており参考になります。

イベント一覧情報へ